令和カードのおまとめローンは多重債務者にもおすすめ?

令和カードはどんな会社?

令和カードは東京の台東区に拠点を構える消費者金融です。店舗は両国に1店舗のみですが、全国から申し込みが可能となっています。

CMを流しているわけでもなく、もちろん大手消費者金融ほどの地名度はありませんが、金融ブラックと言われる人の間では少し有名な消費者金融です。

その理由は、「金融ブラックの人でも、高い確率で融資を行ってくれる」という噂があるから!

では、そんな令和カードのおまとめローンについて、まずは会社情報や商品情報について解説していきたいと思います。

令和カードフリーローンへ電話で申し込み【来店予約の流れと注意点】

東京で営業している若い消費者金融

まずは会社情報を確認しヤミ金ではないかという噂について、みていきましょう。

商 号令和カード株式会社
本社所在地東京都台東区台東4丁目6番5号2階
TEL03-3835-3310
登録番号東京都知事(5)第30570号
日本貸金業協会会員第002055号

令和カードのおまとめローンは「令和カード株式会社」の商品となっていますが、上記のように東京都知事からの認可を受けており、日本賃金業協会にも登録されていることから、ヤミ金であるという噂は嘘であることがわかります。

ヤミ金であれば東京都知事の認可を受けたり、日本賃金業協会に登録することはできません。

もし心配であるようなら、金融庁のホームページから「商号・名称」入力欄に「令和カード」と入力してみましょう。

関連記事令和カードのヤミ金疑惑を徹底調査!闇金との違いは何?

令和カードおまとめローンの特長とは

では、これまでの解説を踏まえながら令和カードの特長について確認していきましょう。

令和カードを利用するメリットには以下のようなものがあります。

  1. 即日融資に対応
  2. 大口融資に対応
  3. 総量規制対象外
  4. 来店不要で完結できる

即日融資に対応

令和カードのおまとめローンでは、早めに申し込みをすれば、即日融資も可能です。

審査は1時間から2時間程度で終わり、そのまま指定する銀行口座に融資が振り込まれます。

しかし、即日融資を希望するのであれば平日の午後三時までに審査を通さなければなりません。

また、借換ローンは一般的な消費者金融のローンとちがって目的の明確な商品です。

即日キャッシングをしなければならない前に、令和カードへ相談をして返済プランの見直しをすることをおすすめします。

大口融資に対応

・返済日がいくつもあって管理が大変
・毎月の返済が厳しい
・返済がなかなか終わらない

これらの状況を解決できるのが一本化(おまとめ)です。

専業主婦(主夫)の申し込みもできる

令和カードのおまとめローンは「貸金業法に基づく借換ローン」です。

貸金業法の総量規制というルールがあり、年収の1/3を超える借り入れはできません。しかし、例外で借入する方が有利になる条件であれば総量規制は適応されないのです。

引用:日本貸金業協会『総量規制とは』

令和カードの借換ローンは、この例外に該当します。したがって、年収の1/3以上の金額でも一本化することが可能です。

令和カードのおまとめローンを利用するには、複数の金融機関からの借り入れが100万円を超えなければなりません。

したがって、現在借入している総額が100万円に満たない場合は、令和カードのおまとめローンを利用して一本化することは不可能です。

来店不要で完結

令和カードの店舗は東京の両国のみとなっているため、直接来店する事は多くの人にとって現実的ではありません。

しかし、申し込み方法を「インターネット」もしくは「電話・FAX」にすれば来店することなく契約ができるので、メリットの1つと言えるでしょう。

関連記事令和カードフリーローンの口コミ【ブラックでも借りれるって本当?】

契約の際に必要なもの

消費者金融とローン契約を交わす際には、いくつかの証明書が必要になります。フリーローンに共通して必要な書類は以下の通りです。

  1. 本人確認書類
  2. 収入証明書

    また上記に加えて「印鑑」が必要となります。書類に加え、印鑑も必ず用意しておきましょう。
    では「本人確認書類」「収入証明書」として認められるものにはどう言ったものがあるのでしょうか。

    本人確認書類として認められるもの

    本人確認書類として認められる書類は以下の通りです。

    1. 運転免許証
    2. パスポート
    3. 健康保険証

      本人確認書類は原則として顔写真付きのものが望ましいです。

        また、提出する本人確認書類と現住所が異なる場合には以下の書類を追加で提出する必要があります。

        1. 公共料金の領収書(電気・ガス・水道・NTT・NHKなど)
        2. 社会保険料の領収書
        3. 国税・地方税の領収書

          収入証明書として認められるもの

          収入証明書として認められる書類は以下の通りです。

          1. 源泉徴収票
          2. 給与明細(直近2ヶ月分)
          3. 確定申告書

            収入証明書の提出は融資希望額が50万円を超える場合ですが、それ以下の融資額でも令和カードが必要と判断すれば提出を求める場合があります。

              少しでも早く融資を実行したいのであれば、あらかじめ準備しておきましょう。

              関連記事令和カードフリーローンのヤミ金疑惑を徹底調査【柔軟な対応が原因か】

              令和カードのおまとめローン申し込み方法

              令和カードのおまとめローンの申し込み方法の流れについて解説していきましょう。

              1. 申し込み
              2. 申し込み内容の確認
              3. 審査
              4. 契約手続き
              5. 融資実行
              申し込みから融資の流れについては上記の通りです。では順番に、それぞれについて詳しくみていきましょう。

              3つの方法から自分にあっているものを選択

              令和カードでは3パターンの申し込み方法が用意されています。

              1. インターネット
              2. 電話
              3. 来店

              令和カードのおまとめローンは即日融資に対応していますが、即日融資ができるのは「電話」もしくは「来店」による申し込みとなります。

                また、振込での融資を希望の場合には「インターネット」による申し込みとなります。

                令和カードのおまとめローン審査の流れ

                申し込み方法によって、融資スピードや融資方法が異なるので注意が必要です。また、「振込融資」と「即日融資」では審査基準が異なります。

                申し込み内容の確認

                申し込み方法によって確認の方法も変わります。

                「インターネット」による申し込みをした場合には、担当スタッフが申し込み内容の確認を行い、確認がとれ次第お客様に内容確認の電話をします。そこで問題がなければ審査に移ります。

                「電話」での申し込みの場合には、その場で内容を確認し、受付可能か判断します。受付可能と判断されれば審査に移ります。

                また、「来店」での申し込みの場合も「電話」での申し込み同様、その場で内容を確認し、受付可能か判断します。

                審査

                令和カードのおまとめローンの申し込み条件は「満20歳以上で定期収入のある方」のみです。
                金融ブラックの状態でも借りられるという口コミをよく目にしますが、これはそういった信用情報よりも、年収や勤続年数といった属性を重視しているためだと思われます。

                ただし、審査方法や審査の内容に関しては令和カードも公開していません。
                信用情報や属性に大きな問題がない人でも審査落ちしているケースはあるので、審査方法が疑問視されている場合もあります。

                在籍確認

                令和カードのおまとめローンでも勤務先への在籍確認は必ず行います。
                しかし、令和カードという会社名で電話をかけてくることはなく、個人名で電話をかけてくれます。
                個人名で電話がかかってくることが少ない会社であれば、少し怪しまれるかもしれませんが、そうでなければ在籍確認でバレる可能性は低いでしょう。

                契約手続き

                審査を問題なく通過すれば契約手続きに移ります。前述したように、以下のものを準備しておきましょう。

                1. 本人確認書類
                2. 収入証明書

                これらのコピーを「来店」もしくは「郵送」「FAX」で提出します。

                関連記事令和カードフリーローンの審査に受かるためのポイントと流れ

                返済に関して

                融資が実行されれば、次にしなければならないのは返済です。
                返済方法は以下の通りです。

                1. 店頭での返済
                2. 指定口座への振込による返済

                毎月決まった額を返済していきますが、繰上げ返済や月によって多く返済することもできます。

                  返済残高の照会は店頭に電話、もしくは直接店頭窓口にて聞くことができます。

                  令和カードのおまとめローンメリット

                  一本化をするメリットは主に以下の3つです。

                  1. 利息が減る
                  2. 毎月の返済額が減る
                  3. 返済日の管理が楽になる

                  面倒な返済日の管理や、月々の返済に追われる状況を一本化は改善してくれます。

                  利息が減る

                  一本化(おまとめ)を賢く活用することで、合計の利息支払額を減らすこともできます。そもそも、おまとめローンは総じて金利が安く設定されるものです。

                  したがって、すでに低金利なカードローンを利用している場合、大きなメリットにはなりません。しかし、高い金利のカードローンを複数利用している人にとっては、かなりのメリットとなります。

                  毎月の返済額が減る

                  一本化(おまとめ)のメリットの1つは、返済負担を減らせることです。

                  借入先が増えると、毎月の返済額が増え、利用者にとって非常に大きな負担となります。

                  一本化することで、毎月の返済額を減らすことができるので、返済が間に合わないといった危険な状況を回避することができるのです。

                  返済日の管理が楽になる

                  カードローンを利用している人にとって、「返済」はかなりの手間になっているはずです。

                  複数のカードローンを利用していると、支払い期日や利息の計算など管理しなければいけないものが増えます。

                  そのため、複数の銀行やATMを回って返済する人も少なくありません。

                  一本化をすると、月に複数あった返済日が1回になり、管理が非常に楽になります。仮に返済が遅れそうな場合も、対応しなければならない金融機関は1社で済むのです。

                  関連記事令和カードフリーローンは総量規制の対象になる?例外はないの?

                  関連記事令和カードフリーローンで即日融資は可能?【最短で借りる流れとは】

                  令和カードのおまとめローンデメリット

                  一本化のデメリットは主に以下の2つです。

                  1. 追加借入が厳しくなる
                  2. 返済総額が増える可能性もある

                  一本化することで、返済総額が増える可能性もあります。そうならない為には、随時返済を利用しなければなりません。

                  追加借入が厳しくなる

                  消費者金融に代表される賃金業者へ一本化した場合、 「総量規制」が関係してきてきます。

                  一本化する金額が年収の1/3を超える場合に、一本化をした後は一切「追加借り入れ」ができなくなるのです。

                  銀行カードローンで一本化を行う場合は、総量規制の対象外なので問題はありません。しかし、銀行カードローンで一本化するには厳しいと言われている銀行の審査に通過しなければなりません。

                  返済総額が増える可能性もある

                  一本化で低金利なローンに変更すれば、毎月の返済額は少額になります。

                  しかし、毎月の支払い金額は減るということは、完済までの期間は長引いているということです。したがって、長期的な視点で見ると、返済総額が増えている可能性があるというのが一本化のデメリットになります。

                  毎月の返済負担が減ることで、支払いの期間が長引き、その分だけ支払いの総額が増えてしまうのです。

                  このデメリットは随時返済を行うことで解決できます。

                  ボーナスが入った時や、節約がうまくいった月など、お金に余裕のある時に毎月の返済額に加えて、追加で返済を行うことによって、返済総額を減らすことができるのです。

                  令和カードのおまとめローン申込者・利用者による口コミ

                  最後に、令和カードのおまとめローンを利用した人の口コミを紹介していきます。
                  実際に利用した人の意見を参考に、利用するかを決めてはいかがでしょうか。

                  • 審査は翌日までかかりましたが申し込んで良かったです。
                  • どこも貸してくれなかったのにおまとめしてくれました。
                  • キャッシングの金利も低くなりましたし、毎月の返済額も少なくできましたので、本当に良かったと思います。
                  • キャッシングの相談から何からすべて話せた。本当に相談によく乗ってくれました。
                  • 他の会社と違っていろんなことまで質問されましたが、結果借りれました。
                    • 対応は良くもなく悪くもない。普通。
                    • ダメなら最初の電話とかの段階できっぱり言うべき。
                    • 来社しろと言われたら遠方の方は行かないほうがいいです。
                    • 大手に通るなら特にここに頼むメリットはなさそう
                    • 審査が厳しいと感じました。

                      以上のような口コミがありました。金融事故を起こしたことのある、いわゆる「ブラック」状態の人が融資を受けられることもあれば、審査次第では過去になんの事故履歴がなくても審査落ちすることもあります。

                      審査はあくまで現在の支払い能力を見ているので、ブラックでなくても支払い能力に問題ありと判断されたのかもしれません。

                      融資条件20歳以上の安定した収入がある方
                      融資金額100万円~2000万円
                      年率7.3%~15.0%
                      返済期間10年以内、120回以内(要相談)
                      返済方法元利均等返済
                      担保・保証人不要
                      必要書類免許証・保険証・所得証明書
                      延滞損害金20.0%(年率)